Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

これまでのレパートリーを一度全部捨ててみようと思う

昨年末、茨城でのライブの帰り道、夜の常磐道。ぼくはひとり車を走らせていた。カーラジオからは、聞いたことのない名前のアーティストの曲が流れていた。多分、最新のクラブミュージックの類だ。ぼくはその音楽にシンパシーを感じていた。


アルバム"グランジ・ソウル"の収録曲は、どれもライブには、とくにギター一本で演奏するには不向きな曲ばかりだ。おまけにこれまでの楽曲とは趣が異なるため、今後のライブのやり方は懸案事項のひとつだった。


一切ライウはやめてしまおうか。アルバムの曲は一旦棚上げして、今までの曲だけでライブを続けようか。


守谷のサービスエリアに車を停めてコーヒーを飲みながら、ぼくは2017年にあった出来事を思い返してみた。アルバムに終始した一年だったことは言うまでもないが、それは自分と向き合うことを強いられた一年でもあった。


その年の最後のライブ、ぼくはアルバムの収録曲を1曲もやらなかった。



アルバム"グランジ・ソウル"は、なにか特別なことをやろうとして作ったアルバムではない。自分を変えようとか、新しいステップを踏み出そうとか、そんなことを企んで作ったアルバムではない。それはきわめて等身大な作品で、自分の気持ちを素直に表現しただけの作品だった。


相変わらずラジオから流れているクラブミュージックを聞いているうちに、ぼくはやるべきだという気持ちに支配されていった。そして、それが出来るような気がしていた。


一度ここですべてをリセットしてみよう。これまでのレパートリーを、一度捨ててみよう。車の中でコーヒーを飲みながら、ぼくはそう思った。


そしてその日のライブが、結城義広としての最後のライブだったのかもしれないと思った。



ユウキヨシヒロ/グランジ・ソウル

OUT NOW !!

全国のCDショップ、およびウェブショップにて

楽曲試聴>>

アマゾン

タワーレコード

HMV

TSUTAYA

iTunes

Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place