Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

カート・コバーンとリアーナとぼく part 3

"グランジ・ソウル"。グランジロックとソウルミュージックがまざったもの。そのビジュアルイメージを具現化するにあたって、ぼくはリファレンスとなる資料を集めた。発想自体に前例がなく特異であるため、制作者であるぼくとタナカジュリアンさんとの間で、具体的なイメージを共有する必要があった。


ビジュアルイメージに求められる要件は二つ。まずは、”グランジ・ソウル”というキーワードを連想させるイメージであること。もう一つは、被写体がアルバム収録曲に含まれるメッセージを発信するに相応しいイメージであること。
たたき台となったのは、リアーナが2009年にリリースしたアルバム、”rated R”。ソウル~R&Bシンガーでありながら、リアーナはこのアルバムで、パンクを基調としたエロティックなビジュアルイメージを打ち出していた。


ぼくはそこに、なにか差別的なものを感じた。

“death feeling in the sky” MV

ユウキヨシヒロ/グランジ・ソウル

OUT NOW !!

全国のCDショップ、およびウェブショップにて 

"GRUNGE SOUL"試聴>>

"GRUNGE SOUL"歌詞>>

アマゾン

タワーレコード

HMV

TSUTAYA

iTunes


Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place