Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

AADとかAD/DAとかAC/DCとか...

出始めの頃の

CD...

そうだな

1980年代に出た

CDには


"AAD"とか

"DDD"とか

そんな印が

表記されていたのを

ご存知ですか??



こんにちは~

結城義広です!!



これは

なにかというと


そのCDを

制作する過程における

音を固定する"媒体"が


A=アナログか

D=デジタルかを

あらわしています



たとえば



AADであれば

・アナログで演奏を収録して

・アナログでトラックダウンして

・デジタルでマスタリングしました



という意味です



はっきり言って

なんというか

とても



親切な表記だと思います



というか

"いらねーだろ"

って思うけど(笑)



勘のいい人は

お察しかと

思いますが


その製品が

CDであれば

最後のアルファベットは

"D"のはずです



ジミーペイジは

レッドツェッペリンの

アルバムを

CD化するにあたり


アナログのマスターを

デジタルのマスターに

そのまま

コピーすることを

良しとせず


マスタリング自体を

やり直したそうです



頭がさがります



アナログ盤のマスタリングと

CDのマスタリングは

そもそも別モノな

わけです



勘のいい人は

ぼくが

なにを言おうと

しているのか

お察しかと

思うけど


昨今の

アナログレコードブームで

発売されている

アナログ盤は


そのほとんどが

CD用に

(あるいは配信用に)

デジタルで

マスタリングしたものを

アナログに

変換しているだけです



こうした

製品については

用途に応じて


たとえば

ターンテーブリストが

使い勝手がいいから

という理由で

アナログ盤を

プレイするのは

ぜんぜん

いいと思うけど


ただ聞くだけの

リスナーが

"やはりアナログはいい"

とか言って


アナログ盤を

かけているのは

(好みの問題ではあるけれど)

非常にナンセンスだと

思います



つまりは

踊らされている

消費者の構図


でもこの場合

わるいのは

消費者ではなく

生産者の側です



"アナログブーム"

とかいって

購買意欲を

煽るんだったら


ちゃんと

アナログで

マスタリングして

CDの音とは違う

本物のアナログ盤を

出してほしいよね



養殖の魚を

海に放して

それをまた捕まえて

"天然モノ"です



みたいな...



そんな商売

していると

ますます

音楽が

売れなくなるんじゃね??



ちなみに

ハイレゾは

アナログを超えた

云々は

詭弁だと

思います



アキレスと亀の

例えを

だすまでもなく



レゾリューションを

いくら

細かくしたところで

それが

アナログになることはないし


ましてや

アナログを

超えることはないでしょう



かたや

アナログは

工程ごとに

データは劣化します


これが

デジタルにまさる

というのも

おかしなはなしだと

思います



両者は

完全に

別モノです



長文を

読んでいただき

ありがとうございました



う~ん

久々に

AC/DCが

聞きたく

なってきたぞ...




Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place