Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

誰がために歌うん?

先日のこと


ライブで

共演

させていただいた


ギタリストの

相馬心太朗さんと

楽屋で

いろいろと

お話しを

しました


海外で

活動されていた

彼からすると


バンド

(あるいはアーティスト)が

ライブハウスに

自らお金を払って

(つまり、ノルマのこと)

ライブをするのは

おかしいと

いうのです



そりゃそうですよね



こんばんは

結城義広です



なぜ

そうなって

しまうのか??





理由は簡単





出演者が

自分のために

ライブを

やっているからです



企業が

経営者のために

あるのではなく


社員や

株主のために

あるということを

忘れてしまっている

経営者が

多いのと

同じように


ここを

はき違えている

アーティストの

多いこと



本来

ライブは

それを見に来る

お客さんの

ために

あるはずです



結果

として


出演者が

楽しんだり

そこで

スキルを

磨いたり

だとかは

ありだとしても

...ですが



ライブハウスの

ブッキングマネージャーは

"ライブはやったほうがいいよ"

と言うだろうけど


それは

ライブハウスは

出演者を

集めるのも

仕事の

ひとつですから




ライブハウスに

かぎらず

だけど


ぼくの

ところにも


いろいろな

出演の

オファーが

きます



ありがたいことだと

思う反面



それって

自分たちが

楽しいだけの

企画じゃね??


というものも


散見

されます



ミュージシャンに

よっては


"人柄込みの音楽"


を売りモノに

していて


ライブで

その人が

楽しんでいる

(あるいは、苦しんいでる)

様子を


お客さんに

見てもらう


という

ケースも

あるけれど



ぼくは

そうじゃないし

そう

ありたくないです



ぼくは

趣味で

音楽を

やっている

わけじゃないし


今年は

レコーディングに

集中したいので


申し訳ないのだけれど


"自分たちが楽しむ系"と

おぼしき

オファーは

辞退させて

いただいております



見にも行かないし



"ミュージシャンは

ライブやんなきゃダメ"


...っていうのは

単なる

強迫観念の

刷り込みだと

思います




~イベントのお知らせ~


***拝啓、未来から...***

2016年8月6日(土)

@ホテル日航奈良~飛天の間~

open / start 13:30 / 14:00


第一部 朗読芝居「拝啓、未来から・・・」

第二部 結城義広ライブ


会食費 8000円(フルコース&フリードリンク)


ご予約

http://yoshihiro-yuki.com/schedule/ticket/input/32050


特設サイト

http://www.nana-project.jp/


■■■■ホテル日航奈良■■■■

奈良県奈良市三条本町8-1

TEL 0742-35-8831

http://www.nikkonara.jp/




Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place