Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

年内にできるか不安だけど予定など

1月ももう半ば。多分、今年もあっという間なのだろう。さすがに、これだけ長く生きていると、それくらいの予想はつく。

こればかりに専念できるわけではないので、年内にできるか定かではないけど、今年は最低2アイテムのリリースを目論んでいます。

ひとつはぼくの作品で、アルバムではなく、シングルというか、マキシ(言い方が古い)というか、EPというか、、、4曲くらいのものを、デジタルで出したい。

マテリアルについては、今のところ影も形もない。”グランジ・ソウル”の路線を継承しつつ、もう少し派手めな音にしたい。

とりあえず10曲くらい書いて、録ってみてですかね。

基本、持ち曲は録りません。既存の曲をレコーディングして、上手くいった試しがない。

そしてもうひとつは、某ユニット(”ユニット”ももう言わなくなったよね?)の新譜で、こちらは6曲くらいのミニアルバムで出したい。

ぼくだけの意向で進めることが出来ない案件なので、途中で頓挫しないとも限らないけど、自分が矢面に立たない分、気が楽といえば気楽です。

その前に、早くlogicをマスターしなくてはだよね。昨年末からいくつかコンペティションには参加していて、アレンジが採用されたりして、慌ててネットで使い方調べて、何食わぬ顔でデータを提出するという、まさに泥棒を捕まえてから縄を編むという、諺さながらのワタクシ。

こうでもしないと、覚えないからね。

というわけで、ライブもやらなくちゃだな。アルバムは、まだまだ売りたいし。ライブのフィードバックで曲ができることも、多々あるし。

<<募集>>
レストランや飲み屋のオーナー様、マネージャー様。ライブのオファー待ってます。ギャラはいりません。投げ銭とCDおよびグッズの販売を許可していただければ、それで十分です。昨年もバーや居酒屋でのライブが、大変盛り上がっておりました!

メールフォーム

以上、告知。

てなわけで、今年もまたはりきってまいりましょう!

■結城義広 “GRUNGE SOUL”■

"幸せに興味はない。自由になれる瞬間があればそれでいい " プリンス、ディアンジェロのDNAを持つ日本人SSW、結城義広。独自の感性で、ソウルミュージックをオルタナティブ解釈。そのサウンドイメージは、まさに"グランジ・ソウル"。パンク~グランジの精神を継承する過激な歌詞で、レアグルーブのうねりを乗りこなす。書き下ろし40曲の中から厳選された全10曲。王道の真逆を行く、ソウルミュージックの新概念。
 

“グランジ・ソウル”収録曲
“death feeling in the sky” MV

グランジソウルTシャツ
好評発売中!
こちらでご購入いただけます↓↓

Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place