Yoshihiro Yuki Official Blog

等身大の飾らない言葉で日常のありふれた出来事を歌っています

憲法はたぶん改正される

とんねるずとダウンタウンのあとに、彼らをしのぐお笑い芸人が出て来ないと思いませんか?才能のあるやつらは、絶対にいるはずなのに出て来ないのは、"出て来れない社会"になってしまったからだと思う。

政治もまたしかり。

人々の価値観が多様化する一方で、しがらみはどんどん複雑化していく。まとめるのが容易でないことは想像に難くない。

 
でも、それをまとめるのが政治家。

 
原発については、東電が何度も謝っているけど、これを政策としてすすめてきたのは国なんだから、まずは国が人々に対して謝るべき。

原発に関わった(そして収益を上げた)企業は東電だけじゃない。でも、それらを代表して、まずは国が謝るべきだ。原発は政策として失敗たった。今後何年にもわたり、末代まで苦労をかけることになるが、どうか許してほしい、と。

この場合、国民のみなさまのご理解を承りたい、じゃなくて、ごめんなさい、許してください。でしょ。

電気を使ったのは人々だし、ちゃんと謝ればみんな許すと思うよ。

そして、この期に及んで、日本のエネルギー政策において、どうしても原発が必要だというのなら、まったく安全ではないし、またいつかとんでもない事故が起こらないともかぎらないけど、それでも原発を稼働させたいのだと、人々に訴えかければいいじゃないか。誰がどうみても危険なのはっきりしているわけだから、胡散臭い根拠をならべて、安全だとか言わなくていいと思う。
 
 
コントロールしようとする側が、コントロールしやすい状況をつくろうとするのは至極当然。安保法案にしろ、憲法改正にしろ、マイナンバー制度にしろ、彼らの仕事をやりやすくするための施策だ。
 
そして、そこに利権がからむから、物事は複雑化する。だけど、むしろその方がいろいろと都合がいい。原発の例を出すまでもなく、ぼくらは、いったい誰が、どこの会社が儲かるのかを考えてみたらいいと思う。

とはいえ、コントロールする能力に乏しい人たちが、いくら外側のシステムばかり作ろうとしても、そこには無理がある。はっきり言うと、外交能力のない国に軍事力を持たせると、ろくなことにならない。過去の日本がいい例だ。

能力不足。

日本人は日本人が思っているほど、優秀じゃない。少なくとも、その分野においては。そろそろ、そのことを謙虚に自覚したほうがいい時期なんじゃないだろうか。今や日本が軍事力を高めたところで、たいしたことはできやしない。
 
もちろん、"頭のいい"利権がらみの人たちは、そんなことは重々承知のはずだけど。
 
 
次の選挙、ぼくは絶対、"自民党的なもの"、には入れないけれど、残念ながら、近いうちに憲法は改正されると思ってます。
 
 

Yoshihiro Yuki Official Blog

Grunge Soul Hate This Place